自然素材の温もりに包まれて心にも身体にも優しい家

外観は「ガリバリウム鋼材と木材の組み合わせにあこがれていた」というご主人の希望で、どちらにも雰囲気の近いサイディングを採用。

素材と性能にこだわり快適さと省エネを両立させる

たくさんの陽射しと、ふんわりと温かい空気に包まれた本多様宅のリビング。

足裏に優しい、柔らかさも感じる無垢のパイン材の床の上を、お子様がぐるぐると元気良く走り回っています。

お子様の成長や家族の将来を見据えて家づくりを考え始めたというご夫妻。

「子どもが生まれてから、食べ物だけではなく、住む環境も、合成物質や化学物質を使わない自然素材の中で過ごしたいと思うようになりました」とご主人。

自宅の郵便受けにサエラ暮らし研究所のチラシが入っていたことからすぐに見学に行き、宝田所長の人柄や、自然素材に関する豊富な知識に惹かれて決めたと言います。

特にこだわったのは、家族が集まるリビングの空間。

「吹き抜けをつくったことで、開放感や2階との一体感も生まれて、どこにいても家族の気配を感じられるのもうれしいです」と奥様。

構造材や内装材には京都産の無垢材を使用。

同じ土地の気候風土で育った木材だからこそ、調湿性や脱臭性に優れ、長持ちすると言います。

もう1つの特徴は、自然の力を活用したエコ住宅であること。

通風に優れた外開き窓を空間の対角線上につくる、西側には窓をつくらないなどの夏の対策や、窓の背を高くして陽射しを部屋の奥まで届ける冬の対策など、風の通り道や採光にも工夫をしました。

また、建物を高気密高断熱仕様にし、吹き抜けを通して家全体を一つの空間として捉えることで、夏も冬も、エアコン一台で快適に過ごすことができます。

他にも、ご家族の暮らしに合わせた宝田所長のアイデアがたくさん詰まっています。

「子どもと過ごすことの多い和室とダイニングの目線の高さをそろえてくれたり、共働きで忙しいからこそ、二人同時に作業ができるようにキッチンを広くしてくれたりと、細かい部分まで気づかっていただいて、とても気に入っています」と奥様。

温もりのある自然素材に包まれて、お子様と楽しそうにリビングを走り回るご夫妻の笑顔から、新居での心地良い暮らしぶりが見えました。

引き戸の枠やレール部分は壁や床の色に合わせて統一感を

リビングの引き戸は、枠部分を壁紙に合わせてナチュラルパインに色の変更をしてくれました。こうすると、ドア周りの素材がリビングになじむので、空間も広く見えるんです。(ご主人)

〒610-0361 京都府京田辺市河原北口43-3-1-310Fax. 075-320-2931


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA