国産無垢材ならではの温もりと安心して暮らせる自然素材の家

外壁も職人の手による塗り壁で仕上げ、温かみのある風合いを出した。シンプルな総2階のつくりだからこそ塗り壁の表情が映える。

自然素材をぜいたくに使う分シンプルな間取りでコスト減

「子育てで疲れていても梁を見ると落ち着きます。まるで森林浴をしているみたい。」

奥様がそう語るN様邸のリビングは無垢材をふんだんに使ったナチュラルな空間が印象的です。

お子様の育児に慣れてきた頃、賃貸住宅が手狭に感じ始め、家づくりを考え始めました。

当初から新建材を使った家は味気なく感じ、大手のハウスメーカーには興味がありませんでした。

「建てるなら温もりのある自然素材の家にしたかったのですが、京都には希望に合う会社が少なくて…」

調べる中でサエラ暮らし研究所の家づくりセミナーのことを知りました。

「宝田所長の自然素材に関する知識、子どもの身体に優しいところ、コスト面を工夫すればつくりたい家が形になることがわかったのでお願いすることにしました」とご主人は振り返ります。

  • 特にこだわったのは、素材です。
  • 構造材や内装材はすべて京都産の無垢材を使用。
  • 製材してからも呼吸を続けているので、調湿性や脱臭性に優れています。
  • さらに同じ土地の気候風土で育っているので長持ちすると言います。
  • リビングの壁は職人が塗った珪藻土に。

  • 調湿性に加えて柔らかな雰囲気を演出しています。

自然素材にコストをかけた分、家のつくりを総二階にして間取りはシンプルにと工夫しました。

収納が増えれば、その分物も増えるという考えから、収納は必要最低限にしました。

「子ども部屋に収納をつくらないということには迷いましたが、以前は子どもが物を出しては片付ける日々…この機会に物が少ない生活を教えたいと、思いきりました」と奥様。

デザインに関してもご夫妻に明確なイメージがありました。

「好きな建築家の設計エッセンスを伝えたり、気になる写真や雑誌の記事を渡しました。」

特に気に入っているという子ども部屋は奥様のイメージそのまま。

ご夫妻が持参した画像を元に、宝田所長が天井の勾配や窓の位置などを算出して形にしていきました。

「宝田所長は建築会社での経験が豊富なので素材への目利き、腕のいい職人さん選びなど、最後まで安心してお任せできました。私たちが気づかないような細かな『住みやすさ』にも配慮してくれました。」

笑顔で語るN様ご夫妻のご様子から、新居への満足感が伝わってきました。

収納パーツのカスタマイズでメーカーの量産品をアレンジ

キッチンや玄関収納のハンドルやつまみはパーツ専門店で自ら選びカスタマイズしました。メーカーには取っ手なしでオーダーして現場で職人さんに付けてもらいました。専門店にはいろいろな素材やデザインのパーツがそろっているのでおすすめです(奥様)。

〒610-0361 京都府京田辺市河原北口43-3-1-310Fax. 075-320-2931


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA