私たちは建材の”地産地消”に取り組んでいます。

”地産地消”という言葉はご存知でしょうか?”地産地消”は「その土地で生産されたものをその土地で消費する」という意味で使われています。主に農作物に対して使われる言葉ですが、私たちはその考えが建材にも当てはまると考えています。

地元育ちの材木を利用

「地元で育った材木を使って地元の大工さんが家を建てる」ということ、少し前の日本ではそれが当たり前のことでした。
ですが近年、”低コスト”であることを主な売りとした住宅が流行した影響を受け、海外で育った材木を海外で加工して日本に輸入し、それを使って業者が組み立てるという流れが一般的になってしまいました。

材料費を抑えることのデメリット

確かに安いコストで住宅が建てられることは大変魅力的なことだと思います。
ですが、我々サエラ暮らし研究所はその流れに逆らってみることに決めました。
私たちはお客様に”本物”の住宅を建ててもらいたい、そしてその家で過ごす全ての人が幸せで健康であって欲しい。
その想いを実現するために私たちは研究を重ね、”地産地消”という考えに辿り着きました。

なぜ”地産地消”であるべきなのか?理由は2つあります。
1つ目は日本の建築基準が低いため、海外で加工して日本に輸入した建材には有害な物質が含まれている場合があるからです。こういった建材を使って建てられた家で過ごすと健康に悪い影響を与えてしまうことがあります。